午後のお姉さん 編集部

えっちなお姉さんがえっちに活躍する小説を配信するサークルです。

無料作品を公開してました、そういえば。

ご無沙汰してます。

編集部の中村智代です。


ずいぶんと事後報告になってしまいますが、DMMさんで、小松とんねる先生による『えっちな家政婦さんのちん○ん観察』という短編を無料で公開しています。 本来であれば、DLsiteさんでも公開するべきなのですが、DLsite さんのシステム上、無料公開という形がちょっと難しいようなので、場所を限定しての公開になってしまいました。

今更の告知、という感が強いですが、特に最近書くべきこともないので。

では、また。


午後の美人 編集部
中村智代 

忘れられた値下げ

ご無沙汰してます。

編集部の中村智代です。


さて、私どもはDLsiteさん以外にもDMMさんに卸しているわけですが、そのDMMさんのご好意で同人作品を値下げしてもらっているにもかかわらず、それを告知し忘れるという失態を犯してしまいました。

それもいつまで値下げキャンペーンが続くかもまだ問い合わせ中でわからずじまいなのですが、とりあえず近日中はDLsiteさんで買うよりもDMMさんで買うほうが私どもの作品をお買い得価格で買えるはずなので、取り急ぎご報告まで。

本来であれば同一作品は売る場所が違っても同じ価格を通すべきなのですが、サービスはそれぞれ市場さん独自のサービスということで今回はこのような、買う場所によって値段が違うという現象が発生してしまうことになりました。まあお買い得価格になってからDLsiteさんのほうで未だ買い手がいないということが不幸中の幸いでした。

今後、このようなことのないよう価格の公開は前もってやっていけたらなと思います。

お詫びと宣伝まで。


あ、DMMさんの私どもの作品URLは下記に貼っておきますので、なんでしたらこの機会にぜひ。

『恋人はボーイッシュ』
『童貞の男子高校生が4人のお姉さんに甘やかされるまで』
『実の姉と、後輩の女の子に優しくイジメられる生活』


なお、この記事タイトルは最近日本語訳が発売されたばかりのカズオ・イシグロ先生の『忘れられた巨人』にちなんでおります。なお、私はまだ読んでいないのでタイトルぐらいしか真似することができませんでしたことをご了承ください。

それでは、また。

午後の美人 編集部
中村智代 

[快挙のご報告]週間ランキング1位を獲得しました。

ご無沙汰してます。

午後の美人 編集部の中村智代です。


 えーと、弊社?(べつに会社じゃないけど他に言い方が思いつかなかったので)で扱っている作品『童貞の男子高校生が4人のお姉さんに甘やかされるまで』が、破滅派さんという有名同人サークルさんの週間PVランキングにて、1位を獲得しました。


参考ページ(http://hametuha.com/ranking/)
2015年5月18日(月)〜2015年5月24日(日)最終瞬間ランキングにて。



破滅派さんをご存知ないかたに、手前味噌で恐縮ではございますが、以下にご紹介文を記載します。

破滅派さんとは。

小説家にしてDIY作家の高橋文樹先生が主催する同人誌のサークルです。

高橋文樹先生はあの綿谷りさ先生と同時期にデビューしてしまったことで悲しいことにちっとも注目されずに青春時代を謳歌され、新潮社新人賞を受賞した作品も書籍化されない(すごく面白いのに)という、とても悲しき小説家として有名なかたです。
ネット俗語(スラング)を純文学に消化できる唯一無二のかたですので、日本文学的にはとても貴重なかただとは私的には思っているのですが、なんとも周りの評価が低すぎて日の目を浴びれずにいらっしゃいます。もっとも本人はそんな葛藤なんてされてないでしょうけど。 

その高橋文樹先生が主催されている破滅派さんとは

[引用]


  • 世間の面倒な色々を避けて余裕ぶってみせ、常に後ろ向きでいながらも、世間様から一目置かれる存在になること。
  • 我が道を行き過ぎる人たちの、風変わりすぎて商業ベースに乗らない変わった作品を提示し、彼らの叩き台となること。
  • 「原稿持って家にいるのもなんなんで」という人と、「わざわざお金出してありきたりなものを読むのもなんなんで」という人の、出会いの場となること。

『破滅派』は低徊趣味を掲げるオンライン無料文芸同人誌です。

常に破滅しそうで、一見して不真面目、しかも「もしかしたらホントに破滅してんじゃないの?」と疑われています。

ホントはそれなりの野心があります。

面白そうだなと思った人は一緒に作っていきましょう。
------------------------------------------------------------------------------------------------


という、とても素敵な一派だと解釈していただければ嬉しいです。


(ようやくここでタイトルのお話に戻ります、長々とごめんなさい)

その破滅派さんは週間ランキングというものを常々掲載されていまして、弊社にて投稿した作品が1位を獲得したという完全なる宣伝及び自慢を発表したくて、本日はここに書かせていただきました。


あ、そうそう、次回新作はちょっと後になる予定です。

万が一にもお楽しみにしてくださっている人がいるのであれば、もうちょっとお待ちください。

それでは、また。

中村智代

午後の美人 編集部 
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
Amazonライブリンク
タグクラウド
  • RSS
  • Dlsite blog